NEWS

NEW BRAND!! "T.Cablin"

2020年初売りからデビューとなる新ブランド"T.Cablin(カブリン)"

アパレル業界でもトータルファッションとして商品開発をするブランドは多くありますが、昨今では〜専業ブランドとして、一つのカテゴリーを追求するブランドも少なくありません。

今回デビューとなる"T.Cablin"もその一つ。専門とするのはなんと"アノラック" 
HiNNではニット専業ブランドのcrepusculeや帽子専門のRACALなどがありますが、基本的にはカテゴリーを枠とした専門であり、ニットでもトップスから帽子、ストール、など商品展開は多くあります。帽子もまた然り(ハット、キャップ、ベレー、キャスケットetc...)
それに対し、アノラック専門・・・。もはやカテゴリーどころか商品の型までも絞られているという潔さ。謎すぎます。

とはいえ、デザイナーからは「プルオーバーとは違う文字列(プルオーバー=P/O、アノラック=Anorak)で文字列が並んでカッコイイんだ」と。
「プルオーバーだとなんとなく想像つく形だけど、アノラックって言われるとどんな形だっけ?と過去を見直し、想像を働かせ、期待を膨らませる感じ」だと。
そう言われるとそんな気がすると個人的にも納得してしまうような。

とりあえずブランドの方向としてはあれこれ色々作るのではなく、一つの型に絞ってパーツ、ディティール、素材、縫製などを変えながら楽しんでいくスタイルのようです。

その中から今回デビュー作となるのはグリーンチェックの"CREW HOOD"。アノラックというワードから、てっきりアウトドアチックなナイロン系の商品なのかと思いましたが、こちらはウール/テトロンの変わった素材使い。裏地には薄手のコットンを使用しているので、チクチク感もなく着用できます。

胸元のポケットはフラップポケットと、サイドからアクセス可能なハンドウォーマーポケットの二重仕様。フラップの補強として使用されている白地がポケットを認識させるデザインにもなっています。
かぶりで着用するアノラックなので身幅や袖にかなりゆとりを持たせているので、インナーには厚さのあるニットなどを着ても十分にゆとりのあるサイズ感です。

また、単純に形だけがアノラックではなく、袖のつき方にもこだわりが。通常セットインやラグランなどで袖付けをする場合が多いですが、脇下部分に切り替えを入れることで、腕を上にあげた際の運動性を確保するなど、機能性もしっかりと装備されてます。
端が切りっぱなしになっているのが機能性には反するデザインの仕様ではありますが、もちろんほつれどめのステッチが入っているのである程度のほつれはありますが、それもデザインの一部として楽しんでもらえるディティールとなっています。

と、色々と考察してきましたが、とにかくアノラック専門のブランド"T.Cablin"。
個人的にはかぶりのトップスは好みなので、是非オススメしたいブランドです。
今後も生地やディティールを変えながらのアノラックをリリース予定ですので、是非お楽しみに!